レシピ全般

基本のパン生地を使って<マヨネーズコーンパン>

昨日、富澤商店に行ってきました。

パン、お菓子作りの材料等を売っているお店です。

強力粉も数種類あり、以前、パン作りにこっていた頃、使っていた”ゴールデンヨット”もありました。

本当に久しぶりにゴールデンヨットを購入し、パンを焼きました。

あ~!これこれ!という感じで相変わらずの美味しさでした。

スーパーで買うパンより美味しいねと自画自賛(笑)

ほぼ完食してしまいました。

今日は冷凍保存しておいた生地を使い、パンと相性の良いマヨネーズ、コーンパンを作りました。

マヨネーズ無しで作ってバターを付けて食べても美味しいです。

材料(2~3人分)

  • 基本のパン生地…440g
  • ホールコーン…適量(パン1ケにつき、小さじ1位)
  • マヨネーズ…適量(パン1ケにつき、小さじ1位)
  • 卵…1ケ
  • 水…大さじ1

作り方

※(冷凍保存品を使う場合)、解凍し、常温にしておく。

少し凍っているうちに袋等からボールに移してた方がくっつかず、取り出しやすいです。

基本のパン生地をスケールで計りながら40gずつにカットし、かたく絞った布巾をかぶせておく

の生地を1つ取り出し、両方の親指ではさむように持つ

生地の左右を上から下へ親指で伸ばすように丸める

生地を半回転して同様に伸ばすように丸める

ひっくり返して手のひらにのせ、底側に集まった生地を、しっかりとつまむ(閉じ目を止める)

閉じ目を下にして置く

※後で形を整えるので形はていねいに整えなくてもO.K.です

にかたく絞った濡れ布巾をかぶせ、10分休ませる(ベンチタイム)

を1つずつ取り出し、打粉をした台の上で丸く形を整え、少しだけ手の平で押しつぶす

オーブンシートをしいた天板に、順に間隔を開けて置く

軽く霧吹きをしビニールシートをかぶせる

※最終発酵のさせ方はこちら

約50分~1時間、2倍位の大きさになるまで、最終発酵させる

つや出し用卵液を作っておく

(ほぐした卵(1ケ)水(大さじ1)を入れ、茶こしでこす)

をハサミで切込みを入れる

オーブンを200℃に10分予熱しておく

つや出し用卵液をハケでぬる

(液をしごき、ハケをねかせるようにぬる)

中にマヨネーズ(小さじ1位)を絞り、コーン(小さじ1位)をのせる

200℃のオーブンで約12分焼く

(最後の3分位で様子を見る。
焦げのきつい部分があればその部分にアルミホイルをかぶせる)

ポイント

卵液を塗った後、そのまま焼き、丸いプチパンにしてもO.K.です。

バターやジャムを付けて食べても。

粗熱が取れた後(熱いと切りにくいので)、横にスライスし、キューリ、レタス、チーズ、ハム等をはさんで食べても美味しいです。お好みで!!

工程が多いように見えますが、2、3度やればコツが分かり、簡単になります。

どのパンもだいたい作り方は同じです。

私のように次第に作業が大胆になってきますよ!

大雑把で適当になってきたりして(笑)
(時々失敗しますが。。。)

error: Content is protected !!